授業

授業

【国語】

国語

本校国語科では、聞く・話す・読む・書くの四領域のバランスを考え、各学年教科書での基礎・基本の学習の他に、次のような指導を展開しています。

  • 1年 漢字・語彙力の充実、伝記の読み聞かせ、作文力の基礎
  • 2年 漢字・語彙力の応用、文学作品の読み聞かせ、意見文の作成
  • 3年 漢字・語彙力の発展、発展的読書『読書のすすめ』、論理的な文章の作成
    続きを読む

【社会】

社会

中学生になると,将来の夢を抱き,「どう生きるか」を考え始めるようになりますね。
人は,社会の中で生きています。
その社会には,どのような夢とリスクがあるのでしょうか。
あなたと社会をつなぐ教科が,本校の「社会科」です。続きを読む

【数学】

数学

数学の授業は、教科書を基に展開されます。しかし教科書に書かれているとおりに学習が進行するのではありません。生徒たちには、その単元で学習すること(知識や概念)について、まず知っていることを発表しあったり、そのことに関するいろいろなことについて検討してもらいます。そして、それぞれの考えを深く掘り下げていくようにします。その結果、自分のわかったことや疑問に思ったことなどを発表してもらい、話し合いを持ちます。続きを読む

【理科】

理科

筑波大附属中学校の理科では、なるべく本物・実物を使って「探究活動」を進めていきます。実験や観察を数多く行うことはもちろんのこと、生活の中で使われているもの、社会で利用されているものなどを意識的に取り入れ、実際に自分の手や目で、つまり五感を使った学習を普段の授業から行います。実物を自分の目で確かめ、自分の頭で考えることによって、「好奇心」や「探究心」は芽生えてきます。続きを読む

【音楽】

音楽

単なる演奏技術の向上や、他と比べたり勝敗を争う手段として音楽をとらえたりせず、豊かな「心」、「思いやり」、「助け合い」、そして「聴く力」を育てあう場になればと思っています。
授業では、テノールリコーダーやパスリコーダーも用いたリコーダーアンサンブル等で、仲間と力をあわせて曲を作り上げたり、教えあいや創意工夫に満ちた活動が見られています。続きを読む

【美術】

美術

美術の授業は、「身の回りの自然や造形物の美しさや面白さ、人の生き方のよさを感じ取る力をつけてほしい」「造形活動の楽しさを知ってほしい」という願いのもと行っています。
中学校の美術は、表現と鑑賞の二つの活動で成り立っています。表現では、絵画・彫刻・デザイン・工芸の様々な造形活動を通して自分の感じたこと考えたことを表す楽しさを知ったり、創作の力をつけることを目標とします。鑑賞は、自然や造形作品のよさや美しさを感じ取る力や態度を育てることが目標となります。続きを読む

【保健体育】

保健体育

人類の発展の中で継承されてきた運動(スポーツ)文化や健康(身体と心)文化は、社会の中に広く定着してきています。これらの文化を、生徒の発育・発達と人間性の開花を目指しながら、さらに継承・発展させていくことが必要だと考えています。続きを読む

【技術・家庭】

技術家庭

生徒を取り巻く環境の変化により、直接経験が乏しくなる傾向にあり、自ら試したり、工夫したりする機会も不足しています。そこで、本校の技術・家庭科では、実践的・体験的な学習活動を重視しています。産業社会や生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技術の習得を通して、成就感や自己効力感を育むことで、これからの産業社会や家庭生活をよりよく豊かに創造していこうとする能力や態度を育みます。続きを読む

【英語】

英語

近年、英語教育においてコミュニケーション能力の育成が叫ばれていますが、本校ではすでに80年以上も前から「聞くこと」「話すこと」を中心とした授業を行い、コミュニケーション能力の育成に重点を置いた指導を行ってきました。現在も、「聞くこと」、「話すこと」から始めて、「読むこと」、「書くこと」へと、バランスの取れた英語力育成を心がけています。続きを読む

【学校保健】

学校保健

学校保健目標
心身の健康の保持・増進をはかるとともに、主体的に健康な生活を送ることのできるよう、自ら気づき、行動化できる力を育てる。続きを読む

【総合学習】

総合学習

「総合学習」の時間では、9教科の学習で学んだ基礎的・基本的な内容をもとに、発展的で総合的な学習内容について、生徒自身が課題を設けて追究する活動が行なわれています。本年度から全国で始まった「総合的な学習の時間」より、はるか以前から実施されています。
1年生では、「情報リテラシー学習」として、教科学習や2・3年次に行われる「新聞・著作権」、「プレゼンテーション」、「メディアリテラシー」、「ディベート」などの内容を学んでいます。続きを読む

【ホーム・ルーム・アワー(HRH)】

HRH

本校では、1年生から3年生までの3年間、学級や学年のさまざまな活動を行う時間が2時間続きで設けられています。これを「ホームルームアワー(HRH)」と呼んでいます。HRHは、多くの中学校でいう「特別活動」と「道徳」とを融合させた時間です。
続きを読む

コメントは停止中です。