お茶の水女子大学附属高校との百人一首大会が行われました

117日、本校武道館にて恒例の百人一首大会が開かれました。この大会はお茶の水女子大学附属高校との交流も兼ねており、同校から17名の生徒に参加していただきました。

今年は両校のかるた部・同好会による代表源平戦、両校の図書委員と一般生徒によるちらし取り・坊主めくりの3部門を行いました。和装による代表源平戦は華やかで真剣な戦いとなる一方、坊主めくり部門の参加者からは大きな拍手が起こったり笑みがこぼれたりするなど賑やかな午後となりました。
 
また、今年は新たな試みとして英語版百人一首にも挑戦しました。日本語で読まれた歌を聴いて英語で書かれた取り札を取る形式ですが、知的好奇心旺盛な両校生徒はすぐにゲームに対応していました。
小倉百人一首かるたを通じて両校の生徒が楽しげに会話し、長年続いている両校の交流をますます深める機会となりました。

代表源平戦は華やかな和装姿

ちらし取りは静かな熱い戦い

坊主めくりでは拍手と爆笑も!

英語版百人一首にも挑戦

英語版百人一首(取り札)

最後は全員で記念撮影

 

カテゴリー: 学校生活, 部活動 パーマリンク