シンガポールに関する講演会が行われました

2月21日(木)、本校の提携校であるシンガポールのホワチョン校卒業生で昭和女子大学准教授のSim Choon Kiatさんによる講演会が行われました。Multicultural(多文化混在)とIntercultural(異文化共生)、Culture(カルチャー)とは何か、Prejudices(偏見)とStereotypes(固定観念)、 Ethnocentrism(自民族中心主義)とXenophobia(外国人嫌い)、Affirmative Action(積極的差別是正措置)とEquality(平等)、 Freedom Speech(言論の自由)とRegulations(規制)等について参加生徒と意見交換し、講演というよりも討論という方がふさわしい充実した内容となりました。

参加者は今年の3月に短期留学でホワチョン校を訪問する9名の生徒、7月にアジア太平洋ヤングリーダーズサミット (シンガポール)に参加予定の生徒、7月に国際学術シンポジウム(韓国)に参加予定の生徒、そして、2年生のSGHスタディーでシンガポールについて研究している生徒でした。参加者にとって得るところが大きい講演となりました。

 

カテゴリー: SGH, SGHプログラム パーマリンク