1年生対象シンポジウム Understanding across Cultures

2月24日(火)に、1年生を対象として、Understanding across Cultures をテーマにシンポジウムが行われました。
これは、筑波大学の木田剛先生にコーディネートをお願いしたもので、シンポジストは、カザフスタン、ナイジェリア、ウクライナから筑波大学に来ている留学生3人でした。3人とも、自分の体験に基づいて、母国について、日本と母国の違い、日本に興味を持った理由、日本の素晴らしい点等について語ってくれました。
事前に配布されたハンドアウトも英文、シンポジストの発言も英語、さらには 生徒も英語で質問し、SGHにふさわしい1時間になりました。また、放課後には希望する生徒が留学生を囲んで交流をさらに深めました。

木田先生と留学生

木田先生と留学生

体験を語るサビーナさん

体験を語るサビーナさん

シンポジウム後半の様子

シンポジウム後半の様子

シンポジストの方々と参加生徒

シンポジストの方々と参加生徒

カテゴリー: SGH, SGHプログラム, 国際交流 パーマリンク