3学年「SGHスタディ優秀研究発表会」が開かれました

9月17日(土)、筑波大学文京キャンパスに於いて3学年「SGHスタディ優秀研究発表会」が開催されました。
3年生は、これまで1年半をかけて、それぞれが設定した課題と向き合い、研究を重ねてきました。
7月に行われた「課題研究発表会」のプレゼンテーションと、提出された論文を総合的に判断し全82グループから選ばれた4グループが「優秀研究」として表彰され、当日プレゼンテーションを行いました。
最優秀賞には「文京区ハザードマップを改善せよ」が選ばれました。

来賓として、清水孝雄先生(国立国際医療研究センター理事)、吉見俊哉先生(東京大学大学院情報学環教授:副学長)、野城智也先生(東京大学生産技術研究所教授:前副学長)、岡野達雄先生(放送大学 東京文京学習センター長)にご出席いただき、大変貴重な講評をいただきました。今後それぞれが、研究やプレゼンテーションに取り組むときに大いに役立つことと思います。

発表会1発表会2発表会3

カテゴリー: SGH, SGHスタディ パーマリンク