SGHプログラム 宮坂和憲さんの講演

2月9日(月)放課後、将来グローバルリーダーとして活躍する意欲をもつ生徒に対して、JICAでアフリカの農業に関わる仕事をしている宮坂さんの講演がありました。
宮坂さんは、慶応大学在学中に休学して単身アフリカのガーナに渡り、電気も水道もないOfase村で中学校の先生をしました。そして、この村の 主要な産物がカカオ豆でありながら、カカオがどのようにチョコレートになるか村人たちが知らないことに驚きました。 そこで、日本に一時帰国してチョコレートの作り方を学んだ後、再びガーナへ赴き、村人たちと一緒にメイドインガーナのチョコレートを作り始めました。その活動を通し、良質のチョコレートをつくるためには良質のカカオ豆の生産が大切で、そのことがひいては村人たちの生活を向上することにつながることを知ってもらいました。
宮坂さんは、こうしたガーナでの体験を、生徒と実際にチョコレート作りをしながら話してくれました。そして、世界を自分の目で見て実際に体験することがやがてはグローバルに仕事をすることにつながると語ってくれました。さらに、「宮坂ならチョコレート」というように、会社や地位にとらわれず、自分だけのセルフ・ブランディングをすることが大切という話に生徒は強く感銘を受けました。

ガーナのチョコレート作りについてのお話

ガーナのチョコレート作りについてのお話

カカオの皮むき

カカオの皮むき

カカオを砕いてチョコレートに

カカオを砕いてチョコレートに

できたてのチョコレート

できたてのチョコレート

カテゴリー: SGH, SGHプログラム, 国際交流 パーマリンク