カナダ東部のプリンスエドワード島大学でSGHプログラム研修が行われました

8月11日(土)から26日(日)までカナダ東部のプリンスエドワード島大学でSGHプログラム研修が行われ、本校1年生15名、2年生1名が参加しました。ホームステイをしながら、午前中は大学の講義や講演、各自の研究のプレゼンテーションの準備を、午後は「赤毛のアン」のミュージカルや「赤毛のアン」の家であるグリーンゲイブルズ見学などを行いました。講義では「プリンスエドワード島の海岸浸食について」と「プリンスエドワード島への移民について」を学びました。

また、気象の研究者から地球温暖化の島への影響について直接話を聞きました。授業最終日の個人研究プレゼンテーションは、すばらしい発表になり、現地の先生方からお褒めの言葉をいただきました。

プリンスエドワード島への移民についての発表

Legacy Gardenでのボランティア活動

カテゴリー: SGH, SGHプログラム パーマリンク