カナダ・UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)の学生による講義が行われました

8月3日(木)、この夏休みにカナダのUPEI(プリンス・エドワード島大学)に派遣される生徒に対して、バンクーバーのUBC3年生Willis Chengさんによる講義が行われました。今年UPEIに派遣される生徒は16人です。

講義では、移民・難民の受け入れや環境保護に関する政策、また文化的特徴、学校制度、さらにはLGBTの権利保護など、カナダについてさまざまな観点からパワーポイントを使って英語での講義が行われました。Willisさんは日本の大学のプロジェクトに参加するため8月2日(水)に来日しましたが、筑波大附属でのこの講義に向けて来日前4~5時間かけて準備してきたとのこと。約50分の講義の後には参加生徒全員から質問があり、生徒のUPEI研修への期待と関心はいっそう深まりました。

なお、UPEIへの派遣研修は8月12日(土)~8月27日(日)の日程で行います。

 

カテゴリー: SGH, SGHプログラム パーマリンク